にきびの要因の過角化について

にきびの要因には、肌が外側から刺激を受けることで、過角化を引き起こすことが原因となる場合があります。
普段から気を付けなければいけないのは紫外線です。

肌に紫外線が当たることで、肌を守るためにバリア機能が働き、過角化を引き起こしてしまう場合があります。
さらに、紫外線によって活性酸素が生じることで、ターンオーバーを乱れさせることも大きな原因です。次に、皮脂の落としすぎにも原因があります。皮脂には、肌のバリアの役割をしているため、皮脂を落としすぎてしまうと、紫外線などの刺激から肌を守るために、角質があつくなります。
また、角質層の水分不足はターンオーバーの乱れを引き起こし、古い角質がはがれずに固くなってしまいます。
そのため、界面活性剤入りの洗顔料などで、皮脂を余分に落としてしまうことがあるので、洗顔料選びにも気を付けなければいけません。

にきびが出来ないようにするための生活習慣として、ストレスや睡眠不足、皮脂分泌の原因となっている男性ホルモンの分泌を促すことで、にきびの原因となります。

また、食事も偏った食事をしていると肌の新陳代謝を付けるビタミンAyaターンオーバーの乱れなどにつながるビタミンB群や必須脂肪酸などが不足することで、ターンオーバーが乱れてしまうにきびの原因となってしまいます。
化粧にもにきびの原因となる毛穴の詰まりを引き起こす直接的な原因となります。

さらに、洗顔の際に残ったクレンジング剤なども原因のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です