にきび治療に保湿が必要な理由

にきびができると、とりあえず市販の薬をつけて様子をみようという方が多いですね。
それで治ればいいですが、一旦治っても、繰り返しまた同じ場所にできるというパターンが多いのではないでしょうか。
もしそういうパターンが定着してしまっているなら、そのうち薬をつけても治るどころかどんどん悪化していくということになってしまうかもしれません。

にきびは雑菌が起こした炎症なので、この雑菌を退治することが必要であり、雑菌のエサになる汚れや皮脂を取り除くことも必要です。
市販薬は、皮脂を取って乾燥させ、雑菌のエサを絶つことで退治しようという仕組みのものが多く、それはそれで理に適っていないこともないのですが、それと同時に保湿もしないと悪化の一途となってしまうのです。
それはなぜかというと、乾燥させた肌は雑菌に対する抵抗力がなく、一旦雑菌を退治することができても、また新たな雑菌が繁殖しやすくなっているからです。

水分によって肌バリアを高めておくと、雑菌に対する抵抗力がつき、新たなにきびができるのを防ぐことができるのですね。ですから、皮脂を取り除くことに必死になりすぎず、保湿をしっかり施したうえで薬を塗るようにしましょう。化粧水だけたくさんつけても、その上から蓋をしないと余計に水分が蒸発してしまうので、乳液やオイル、クリームなどを塗って水分を肌にしっかり閉じ込めましょう。

勿論塗りすぎると雑菌のエサになってしまうので、米粒大くらいを薄く肌に伸ばす程度で大丈夫です。