にきび予防化粧品にはどのようなものがあるのか

にきび予防化粧品はおおまかに皮脂を抑える効能のあるもの、炎症を抑える作用のあるもの、アクネ菌の殺菌や角層除去作用のあるものが挙げられます。

これらのうち余分な皮脂を抑える効能のある化粧品はビタミンC誘導体配合のものが知られていて、にきび予防ではなくこの成分の配合された美白化粧水でもにきび改善に効能があります。

一方で炎症を抑える効能のあるものにはアラントインやグリチルリチン酸2Kなどが配合された化粧品が挙げられます。

アラントインとはコンフリーなどの植物由来のものや尿素から合成されるものがあり、消炎作用や細胞を活性化する作用により炎症や赤みを抑えます。またグリチルリチン酸2Kは植物の甘草由来の成分でこれにもアラントイン同様に抗炎症作用があります。

 

更にアクネ菌を殺菌する成分にはサリチル酸やレゾルシン、イオウが挙げられ、これらは殺菌作用に加え角層を除去する作用があり古い角層を取り除く事で毛穴がきれいになります。これらの成分が配合されたもの以外にも、にきび予防にはノンコメドジェニックという表示があるものも有効です。

このタイプの化粧品は油分が少ない、あるいはアクネ菌のエサになりにくい成分でできているといった特徴があり、これを普段から使用する事によってにきびができるのを防げるようになります。

 

また化粧品以外にもビタミンAやB群のサプリメントで不足した栄養分を補う、週に1回を目安にピーリングをして余分な角層を除去するといった事も予防につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です